岬先端で剥離する渦の吸い込み速度 : 理論値と実験値の比較 Suck-up Velocity of an Eddy Separated at the Tip of a Headland : A comparison of theoretical and experimental data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岬先端で剥離する渦の発生周期と渦の吸い込み現象について検討した。剥離渦は自らスピンダウンしながら余剰エネルギーを生じ、その余剰エネルギーは底層水の吸い上げに消費される。剥離後の渦は非粘性のRankinn Combined Vortex とし、剥離時の岬の前面に発達する境界層厚さを1/7乗速度分布則およびプラントルの混合距離理論を用いて定式化し、吸い込み速度、発生周期について実験と比較して理論の有効性を確認した。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 32(2), 119-126, 1995-11-30

    日本水産工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008438649
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ