Delorme手術を施行した完全直腸脱の4症例 Four Patients with Complete Rectal Prolapse Treated by Delorme's Procedure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

完全直腸脱の4例にDelorme手術を行い,術前後の排便機能を評価した.症例は男性1例,女性3例,平均年齢は75歳であった,平均2年10カ月の術後経過で再発はなかった.術前後の臨床症状をみると,1例で便意が回復し,1例で失禁の程度が軽快した。直腸肛門内圧検査では,肛門管最大静止圧は術前後で有意の変動は認められなかったが,最大随意収縮圧は術後上昇する傾向が認められた。直腸感覚検査では便意発現最小量と最大耐容量はともに減少する傾向があり,このため術後に排便困難をきたした症例がないものと推察された.一方,術前肛門内圧が低圧の症例では,incontinenceは術後も改善しなかった。Delorme手術は術後合併症が少なく,未だ再発例がなく,手術術式の第一選択とすることが可能と思われる.

Anorectal function in 4 patients of mean age 75 (range 61-83) years were studied before and after Deloreme's procedure for full thickness rectal prolapse. After a mean follow-up of 34 months, no patient had developed recurrent prolapse. There was no significant change in maximum resting anal canal pressure, but a change was found in maximum squeeze pressure after operation. The volume of first rectal sensation and the maximum tolerated rectal volume declined after the procedure, and these were associated with no di-fficulty of evacuation after the operation.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 50(3), 204-208, 1997-03-01

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008439053
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ