潮汐ダム現地模擬実験の水質改善効果調査 A Field Model Test of the Tidal Dam Effects on Water Quality Improvement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高知県水産試験場は水産庁委託研究「貧酸素水塊被害防止対策事業」において、浦の内湾の貧酸素化防止技術開発として潮汐ダムを取り上げ、潮汐ダム実用化のための基礎資料を得ることを目的に、平成3年度から6年度にわたり現地実験を実施した。本研究は、潮汐ダムの実用化の一環として、浦ノ内湾の湾口近くの出水枝湾に位置し、深浦漁業協同組合の所管するクルマエビ幼稚仔保育場の一部を改造して造成された模擬潮汐ダムにおいて、水産試験場との共同で平成6年度に調査研究したもので、ここでは特に噴流による底層のDO改善調査結果について述べる。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 32(3), 189-194, 1996-03-29

    日本水産工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008439101
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • データ提供元
    CJP書誌  IR 
ページトップへ