Palmaz-Schatzステントはカテーテルインターベンションの第一選択になりうるか : denovolesionに対するPalmaz-Schatzステント植え込み例からの検討 Use of the Palmaz-Schatz Stent as a Planned Strategy for Interventional Therapy of de novo Lesions

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 10(5), 471-477, 1995-10-10

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008442948
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ