ノン-ペリフェラル位にアルキル基を有する非対称型亜鉛ポルフィラジンの合成と位置異性体の分離 Synthesis of Zinc Nonperipheral Alkyl substituted Unsymmetrical Porphyrazine and Their Isomers Separation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 拓 KATO Taku
    • 日本大学生産工学部応用分子化学科 Department of Applied Molecular Chemistry, College of Industrial Technology, Nihon University
    • 坂本 恵一 SAKAMOTO Keiichi
    • 日本大学生産工学部応用分子化学科 Department of Applied Molecular Chemistry, College of Industrial Technology, Nihon University

抄録

非対称型の分子構造をとる金属フタロシアニン誘導体をいくつかの位置異性体の混合物として合成し, これらの位置異性体に関する情報を得るため, それらの分離を検討した。<BR>金属フタロシアニン誘導体として分子中にピリジン環とベンゼン環を導入し, そのノン-ペリフェラル位にデシル基を有する非対称型ビス (ジデシルベンゾ) -3, 4-ジピリドポルフィラジン亜鉛錯体を塩化亜鉛存在下, 相当するフタロニトリルおよびジシアノピリジン誘導体の反応で合成した。<BR>合成した化合物は<I>C<SUB>2h</SUB></I>, <I>D<SUB>2h</SUB></I>, <I>C<SUB>2v</SUB></I>および<I>C<SUB>s</SUB></I>の点群表記で表せる5つの位置異性体の混合物と推定され, これらをいくつかの成分に分離することに成功した。<BR>分離した位置異性体は分子の対称性と分光特性との相関関係を検討した。

Unsymmetrical zinc bis (didecylbenzo) -3, 4-dipyridoporphyrazine having two nonperipheral didecyl-benzenoid rings and two pyridinoido rings was synthesized from a mixture of same amount of 3, 6-didecylphthalonitrile and 3, 4-dicyanopyridine in the presence of zinc chloride. Zinc bis (didecylbenzo) -3, 4-dipyridoporphyrazine was obtained as a mixtures of several position isomers, which was separated into four fractions and the components were characterised with 400 MHz proton nuclear magnetic resonance, visible and fluorescence spectroscopies, and cyclic voltammetry. The visible spectroscopy showed correlation between splitting of Q-band and molecular structure of each position isomer.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 75(5), 214-220, 2002-05-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

  • <no title>

    MCKEOWN N. B.

    Phthalocyanine Materials, 1998

    被引用文献3件

  • <no title>

    LEZNOFF C. C.

    Can. J. Chem. 71, 131, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    AOUDIA M.

    J.Am.Chem.Soc. 119, 6029, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    LINBEN T. G.

    Chem.Ber. 127, 2051, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    HANACK M.

    J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1993, 58

    被引用文献3件

  • <no title>

    KASUGA K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn. 70, 185, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    坂本恵一

    色材 58, 121, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    KONAMI H.

    Chem. Lett. 1988, 1359

    被引用文献2件

  • <no title>

    MCKEOWN N. B.

    J. Chem. Soc. Perkin Trans. 1 1990, 1167

    被引用文献1件

  • <no title>

    CHAMBRIER I.

    J. Mater. Chem. 3, 841, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    SHIRAI Y. Eds.

    Phthalocyanine -Chemistry and Function-, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    COOK M. J.

    J. Mater. Chem. 7, 2327, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    KOBAYASHI N.

    Phthalocyanines-Properties and Applications-Vol. 4, 343-404, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    KOBAYASHI N.

    J. Porpkzyrins Phthalocyanines 5, 233, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    Dyes Pigm. 35, 375, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    Dyes Pigm. 37, 291, 1998

    被引用文献2件

  • <no title>

    SOMMERAUER M.

    J. Am. Chem. Soc. 118, 10085, 1996

    DOI 被引用文献3件

  • 金属オクタキス(アルコキシメチル)フタロシアニンの合成と酸化還元挙動

    大野(奥村) 映子 , 坂本 恵一

    色材協會誌 72(6), 345-354, 1999-06-20

    J-STAGE DOI 参考文献20件 被引用文献1件

  • <no title>

    SCOTT J. E.

    Histochemie 32, 191, 1972

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008467701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    6168384
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ