塗膜の耐候劣化 I.光沢の経時変化 Deterioration of Coating Films by Weathering Part 1 : Change of Gloss with Time

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

暴露試験による塗膜の鏡面光沢の変化はロジスチック曲線によくしたがう。光沢の上限の値をA, 下限の値をB, 光沢 (y) の関数をf (y) =1n {(A-y) (y-B)} と仮定すると, f (y) を暴露期間に対してプロットすると直線になる。そのプロットの回帰線の決定係数は0.9以上にもなる。回帰方程式の係数を用いて推定した光沢と観測値は非常によく一致した。使用したデータは常乾ウレタン樹脂エナメルを銚子と宮古島で暴露したときの光沢のデータである。<BR>暴露後の残留光沢値の高い少数の試料を除けばA=100, B=0という仮定でかなりよい (光沢の) 近似が得られた。<BR>暴露地が異なるか, 暴露条件が異なったとき, 同じ光沢になるまでの暴露時間の比は, 光沢のレベルによって異なる。劣化速度の比は塗料の種類, 成分の相溶性あるいは親和性, 劣化した性質, 劣化の度合いによって異なるということに注意すべきである。ロジスチック曲線は対称性であるから, 前半をこまかく観察すれば後半を正確に推定することができる。

The changes of specular gloss of coatings by exposure tests obey well to a logistic equation.<BR>When a function of gloss (y), expressed as (y) as f (y) =ln {(A-y) / (y-B)}, <BR>was plotted against exposure time, a straight line was obtained, where A and B are higher and lower limits of gloss, respectively.<BR>The coefficient of determination for the regression of this plot was as high as over 0.9. The calculated gloss using the coefficients in the regression equation matched very well to those observed. The sample data used in this investigation were the gloss of air dried urethane resin enamels exposed at Choshi and Miyakojima. Fairly satisfactory gloss was estimated when A and B were assumed to be 100 and 0, respectively, except for a few samples that had high residual gloss after the exposure.<BR>The ratio of exposure periods to reach a same gloss at different exposure sites or conditions of exposures differed depending on the levels of gloss. We should pay attention that the ratio of the velocities of deterioration differs depending on the varieties of coatings, the compatibility or affinity of the components, properties associated with deterioration, and the levels of deterioration.<BR>Because the logistic equation has a symmetrical shape, detailed observation of the first half enables quite correct estimation of the latter half.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 75(5), 221-226, 2002-05-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    CUTRONE L.

    J. Oil Colour Chem. Assoc. 70, 219, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉田豊彦

    ウエザリング技術研究成果発表会 29, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    蓑谷千凰彦

    回帰分析のはなし 186, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    古川俊之

    寿命の数理 5, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    栗山寛

    防錆管理 5, 22, 1991

    被引用文献2件

  • <no title>

    西村昭

    橋梁と基礎 19(85-5), 17, 1985

    被引用文献2件

  • <no title>

    GERLOCK J. L.

    J. Coat. Technol 57(722), 37, 1985

    被引用文献2件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 塗料の劣化・耐久性

    吉田 豊彦

    非破壊検査 = JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR NON-DESTRUCTIVE INSPECTION 54(1), 9-14, 2005-01-01

    参考文献23件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008467721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    6168401
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ