高齢者における橋本病の特徴 Aging and Hashimoto's Thyroiditis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

橋本病患者の臨床所見の年齢に伴う変化を分析する目的で, 橋本病患者を年齢および甲状腺機能別に分類し解析を行った. 高齢の橋本病患者の特徴として小さな甲状腺腫が多く, また持続性甲状腺機能低下症が多くバセドウ病が少なかった. 甲状腺がTSHまたはTSH受容体抗体で刺激されているほど未治療時の血中トリヨードチロニン (T3)/チロキシン (T4) 比 (ng/μg) が高かったが, 年齢による差はなかった. 実際の臨床において血中T3/T4比は破壊性甲状腺中毒症とバセドウ病の鑑別に有用である. 持続性甲状腺機能低下症のT4補充療法で投与T4量に対する血中T4濃度上昇の程度が高齢者ほど大きかった. しかし投与T4量に対する血中T3濃度上昇および血中TSH濃度低下の程度は年齢による差はなかった. 従って血中T3濃度上昇に対する血中TSH濃度の低下は年齢により影響されないが, 血中T4濃度上昇に対する血中TSH濃度低下の程度は高齢者では低下していた. 高齢者ではT4の代謝および脱ヨード酵素活性 (DI) (脳下垂体の type 2DIと他臓器の type 1 DI) の低下が考えられた. 高齢者の橋本病患者において血中TSHを指標とする限り投与T4量は若年者と変わらなかった.

Analysis of patients with persistent hypothyroidism due to Hashimoto's thyroiditis suggested that metabolism of thyroxine (T4), including deiodination to triiodothyronine (T3), was reduced in the elderly. The increase in the serum levels of T4 after oral administration of T4 was augmented in the elderly, whereas increase in the serum T3 level was not. Possibly due to the reduction in the pituitary deiodinase, suppression by T4 administration of serum thyrotropin (TSH) level was the same in elderly as in younger subjects despite a larger increase in the serum levels of T4 in the elderly. Consequently, the amount of T4 required to maintain a normal serum TSH level did not differ between elderly and younger subjects. Other characteristics of elderly patients with Hashimoto's thyroiditis were that goiter size was smaller, that hypothyroidism was more frequent, and that Graves'disease was less frequent.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 35(10), 771-776, 1998-10-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008483087
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    4622152
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ