アルツハイマー型老年痴呆および血管性痴呆の生命予後に関連する要因の検討 : 老人性痴呆疾患センターでの追跡調査から A Follow-Up Study on the Outcome and Relevant Factors in Senile Dementia of Alzheimer Type and Vascular Dementia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

兵庫県老人性痴呆疾患センターで平成2年2月から平成5年2月までに鑑別診断を受けた65歳以降発病のアルツハイマー型老年痴呆126名, 脳血管性痴呆129名を対象に平成10年1月に生命予後について調査したところ, 鑑別診断から5年後にはアルツハイマー型老年痴呆62名, 脳血管性痴呆71名が死亡していた. それらの死亡患者について鑑別診断時の精神的, 身体的機能状態を示す指標の中で生命予後に関連する要因を検討した. 5年後の死亡率はアルツハイマー型老年痴呆と脳血管性痴呆の間に有意差はみられなかった. また平均発病年齢, 鑑別診断時の平均年齢にも有意差はみられなかった. しかし脳血管性痴呆はアルツハイマー型老年痴呆に較べて平均死亡年齢が低く, 発病から死亡までの平均期間, 75%生存率を示す発病からの期間が有意に短かった. 死因としてアルツハイマー型老年痴呆では肺炎が最も多く, 老衰, 心疾患の順であった. 脳血管性痴呆では心疾患が最も多く, 肺炎, 脳血管疾患の順であった. アルツハイマー型老年痴呆では痴呆の重症度, 知的機能障害, 大脳皮質萎縮のそれぞれと, 脳血管性痴呆では身体合併症, 運動機能障害, 低蛋白血症のそれぞれと生命予後に関連性を認めた. アルツハイマー型老年痴呆では脳の進行性の変性過程に伴う痴呆の進行が死亡と関わっているのに対して, 脳血管性痴呆では心血管系をはじめとした様々な身体合併症が生命予後に影響を与えている可能性があると考えられた.

We followed 126 patients with senile dementia of Alzheimer type (SDAT), and 129 over age 65 with vascular dementia (VD) who were diagnosed at the Center for Elderly Dementia in our institution between February 1990 and February 1993. At 5-year follow-up, 62 patients with SDAT and 71 patients with VD had died. These patients were assessed prospectively to investigate the neuropsychiatric and somatic factors related to the prognosis of SDAT and VD.<br>There were no significant differences in the average age at onset and time of diagnosis of dementia between the SDAT and VD groups. Mean age at death, mean duration of dementia and 75% survival duration from dementia onset were shorter in patients with VD than in those with SDAT. Pneumonia was the most common cause of death in patients with either SDAT or VD, followed by geromarasmus in the SDAT group, and cerebrovascular and cardiovascular diseases in the VD group. In patients with SDAT, a poor prognosis was correlated with severe dementia, impaired intellectual function and degree of cortical atrophy. In patients with VD, physical complications, impaired motor function and hypoproteinemia enhanced the probability of death.<br>This study confirmed that a progressive neurodegenerative course and physical conditions such as motor dysfunction or malnutrition are closely associated with the prognosis of patients with SDAT and VD, respectively.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 36(5), 358-364, 1999-05-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008484770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    4823673
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ