老年者本態性高血圧患者における塩酸アロチノロールの臨床効果および腎機能に及ぼす影響の検討 Clinical Effect of Arotinolol Hydrochloride and its Influence on Renal Function in Elderly Patients with Essential Hypertension

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本国内で最初に開発されたβ優位なαβブロッカーである塩酸アロチノロールを用い, 老年者本態性高血圧患者の臨床効果および腎機能に及ぼす影響を検討した. 対象は外来に通院する70歳以上の安静時収縮期血圧が160mmHg以上または拡張期血圧が96mmHg以上の高血圧患者で, 男性10例と女性32例の合計42例であった. 4週間の観察期間ののち初回投与量として塩酸アロチノロール (アルマール) 10mg/日を分2で朝, 夕食後に投与し4週間後効果判定した. 効果不十分な場合は30mgに増量し, 効果十分な場合は継続投与し, 全治療期間を24週間として検討した. この期間中4週毎に血圧, 脈拍を測定し自覚症状の推移を判定した. また, 観察期, 12週後, 24週後に腎機能を評価した.<br>収縮期血圧, 拡張期血圧ともに4週後より有意な降下を示し, 以後降圧効果は持続した. 心拍数においても4週後より有意な低下を示した. 血清クレアチニン値, BUN値, アルブミン値ではいずれにも有意な変化はなかった. 尿中β<sub>2</sub>マイクログロブリン値は観察期228.93±187.2μg/day, 12週後190.02±263.21μg/day, 24週後203.05±180.51μg/dayで有意な変化はなかった. 尿中NAG値は観察期4.13±2.68U/day, 12週後3.94±2.41U/day, 24週後4.40±2.96U/dayで有意な変化はなかった. 同様にクレアチニンクリアランス (以後Ccrと略す) においても観察期72.90±50.00m<i>l</i>/min/1.48m<sup>2</sup>, 12週後61.48±30.51m<i>l</i>/min/1.48m<sup>2</sup>, 24週後76.48±56.09m<i>l</i>/min/1.48m<sup>2</sup>と有意な変化は認められなかった. 以上の事より老年者の本態性高血圧患者に対して塩酸アロチノロール (アルマール) は腎機能に悪影響を与えずに有意な降圧効果を示す薬剤と考えられた.

Arotinolol hydrochloride with α-and β-receptor blocking action, developed in Japan, is mainly used for the treatment of hypertension. The study population consisted of 42 outpatients with essential hypertension with a blood pressure greater or equal to 160/96mmHg, 10 men and 32 women, with a mean age of 77.5 year. The patients received 10mg arotinolol hydrochloride daily for 24 weeks which was taken orally twice a day. We evaluated the changes of blood pressure, heart rate and chief complaints of patients before and every 4 weeks during treatment and the renal function before, 12 weeks after and 24 weeks after, the administration of arotinolol hydrochloride.<br>Blood pressure and heart rate decreased significantly after 4 weeks of treatment with arotinolol hydrochloride (p<0.05). However, no significant changes were found in blood urea nitrogen, serum creatinine, serum albumin, β<sub>2</sub>-microglobuline, NAG or creatinine clearance during the 24 weeks of treatment. These results indicate that arotinolol hydrochloride has antihypertensive effects without renal dysfunction in elderly patients with essential hypertension.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 36(8), 542-546, 1999-08-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008485264
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    4882507
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ