高齢者急性心筋梗塞に対する Primary PTCA Primary Angioplasty for Acute Myocardial Infarction in Elderly Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急性心筋梗塞に対する Primary PTCA治療は非高齢者と同様に高齢者においても容認できる低い合併症率 (主要合併症率0.6%以下, その他合併症率3.3%~3.7%) で高い再疎通率 (92%) を得ることができた. 高齢者急性心筋梗塞において再疎通不成功症例の院内死亡率は非常に高かった (40~46%). また80歳以上の高齢者急性心筋梗塞の院内死亡率はステント時代6%, バルーン時代15%とステント使用により減少しており, 高齢者急性心筋梗塞に対するステント治療の有効性は高かった. 高齢者急性心筋梗塞に対しては, 年齢が高いというだけで保存的治療を選択するのではなく, 積極的に Primary PTCA治療を行うべきである.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 37(4), 288-291, 2000-04-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008487279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    5413343
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ