在宅療養患者における急性期治療を目的とした入院の危険因子 Risk of Acute Hospitalization Among Long-term Home Care Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埼玉県内の某病院において, 1989年5月から1993年4月までの4年間に訪問医療 (訪問診療, 訪問看護) の対象となった患者 (59名) について, 訪問医療開始後1年間における急性期治療を目的とした入院 (以下, 急性期入院と略す) の有無を調べた. そして, この急性期入院発生の有無が患者の身体状況や訪問看護・訪問診療の内容等とどの様な関連があるか検討した. 主な調査項目は, 年齢, 性別, 疾患名, 日常生活動作 (以下, ADLと略す) の状況, 痴呆の有無, 訪問開始時における血清アルブミン値, 訪問開始日, 訪問医療の回数 (訪問看護, 訪問診療), 訪問時に実施した各種医療処置の有無等で, 情報収集には各患者の診療録を用いた.<br>対象者は, 女性が63%, 平均年齢は77.4 (±9.7) 歳, 主な疾患は, 脳血管疾患が53%, 悪性腫瘍14%, 神経系疾患10%であった. 調査対象者に対する訪問医療の提供頻度は, 中央値10.7日 (レンジ: 2.0~21.1日) に一回の頻度であった. そして, 訪問医療開始後1年以内に急性期入院となった患者は全体の59% (35名) にのぼった.<br>Cox 比例ハザードモデルを用いて, 訪問医療開始後1年間における急性期入院発生に関連する要因を検討した結果, 平均訪問頻度の影響を調整してもADLレベル (ランクC) (ハザード比 (HR)=3.13, 95%信頼区間 (CI)=1.34~7.35), 血清アルブミン値3.5g/d<i>l</i>未満 (HR=3.05, 95%CI=1.37~6.77) が急性期入院の発生と有意に関連していた. このようなリスクを有する者に対しては, 急性期治療を目的とした入院のタイミングを逃さないように, 全身状態の変化に充分注意する必要があろう.

To determine the factors that influence acute hospitalization among long-term home care patients, all patients (N=59) who were provided home visiting nursing and/or medical care from a 169-bed community hospital in Saitama, Japan, between May 1989 and April 1993 were followed until November 1993. Data on patients concerning age, sex, diagnosis of primary disease, ability to perform activities of daily living (ADL), intellectual impairment, serum albumin, frequency of home visiting medical care, medical and nursing care provided at the patient's home were collected from the medical charts of each subject. The main outcome measure was onset of acute hospitalization during a one-year period after initiation of home visiting medical care. Thirty-five patients (59%) were admitted due to acute illness. Compared with patients who were not in need of acute hospitalization, Cox's proportional hazard model revealed that patients who were completely dependent for eating, dressing, and using the toilet (Hazard ratio (HR)=3.13, 95% confidence interval (CI)=1.34-7.35) and serum albumin less than 3.5g/d<i>l</i> (HR=3.05, 95% CI=1.37-6.77) were more likely to be hospitalized. Evaluating a patient's physical conditions at the beginning of home visiting care may allow us to predict whether the patients will have to be hospitalized during the following one-year period.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 37(6), 472-478, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008487725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    5439743
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ