高齢者における高コレステロール血症とタイプA行動パターンの検討 Type A Behaviour Pattern and Hypercholesterolemia in Elder Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 静 和彦 SHIZUKA Kazuhiko
    • 東北大学加齢医学研究所臓器病態計測部門病態計測制御研究分野 Department of Medical Engineering and Cardiology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University
    • 山家 智之 YAMBE Tomoyuki
    • 東北大学加齢医学研究所臓器病態計測部門病態計測制御研究分野 Department of Medical Engineering and Cardiology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University
    • 福土 審 [他] FUKUDO Shin
    • 東北大学大学院医学系研究科人間行動学 Department of Behavioral Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 仁田 新一 NITTA Shin-ichi
    • 東北大学加齢医学研究所臓器病態計測部門病態計測制御研究分野 Department of Medical Engineering and Cardiology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

抄録

1950年代後半に Freidman & Rosenman により提唱されたタイプA行動パターンは, 冠動脈疾患との親和性が多くの研究で確認されており, 本邦においても両者の関連性ついて種々の報告がなされている. 本研究では, 冠動脈疾患の最大の危険因子である高コレステロール血症に注目し, タイプA行動パターンと血清総コレステロール値の関係を性差および加齢による影響を考慮に入れて検討した. また, 血清トリグリセライド値およびBMI値も併せて検討を行った. 宮城県角田市の仙南病院に受診中の患者を対象に, 日本動脈硬化学会の基準に従い境界域を含む高コレステロール血症患者を選出し (109名, 男性30名, 女性79名), 前田らが作成したA型傾向判別表を用いてタイプA (51名, 年齢73.1±8.7) とタイプB (58名, 年齢71.3±8.7) の2群に分類した. 高脂血症治療中や二次性高コレステロール血症, 脂質代謝に影響のある薬剤投与中の症例は対象から除外した. タイプAでは, タイプBに比較し有意な血清総コレステロール高値 (233.0±22.8 vs 223.9±14.2 p<0.01) およびBMI低値 (24.0±3.9 vs 25.4±3.9 p<0.05) を認めたが, 血清トリグリセライド値は両群で有意差は確認できなかった (148.9±8.2 vs 134.0±48.8). 血清総コレステロール値は, 男女別の検討では女性で有意な高値を認め (232.6±19.3 vs 224.8±15.1 p<0.05), 年齢別の解析では60歳台のみで高値を認めた. Body mass index (BMI) は男女別および年齢別の検討では両群で有意差は認められなかった. 本研究によりA型行動パターンが脂質代謝に与える可能性が示唆されたが, 性差や加齢に伴う影響も十分に考慮に入れる必要性が考えられた.

To examine the relationship between type A behavior pattern and hypercholesterolemia, we recruited 109 primary hypercholesterolemic patients without treatment for hyperlipidemia (30 males and 79 females) and then classified them according to Maeda's questionnaire into two groups; type A group (16 males and 35 females, aged 73.1±8.7) and type B group (14 males and 44 females, aged 71.3±8.7). We studied serum total cholesterol, serum triglyceride and BMI. Serum total cholesterol was shown significantly higher in type A group than that in type B (233.0±22.8 vs 223.9±14.2 p<0.01) and BMI lower (24.0±3.9 vs 25.4±3.9 p<0.05), however, there was no significant difference in serum triglyceride between two groups (148.9±8.2 vs 134.0±48.8). Although there was no significant difference in BMI, serum total cholesterol was significantly higher in the women's group and in the 60s. This study suggests that type A behavior pattern is related to lipid metabolism, however we should take gender and age into consideration to study the relationship between type A behavior pattern and lipid metabolism.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 37(6), 486-489, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008487767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    5439810
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ