バルーンカテーテル拡張引き抜き法にて輪状咽頭部嚥下障害が改善したWallenberg症候群の1例 Swallowing Rehabilitation using Balloon Catheter Treatment Evaluated by Videofluorography in an Elderly Patient with Wallenberg's Syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 順一 KATOH Junichi
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンターリハビリテーション中央病院内科 Department of Internal Medicine, Hyogo Rehabilitation Center Hospital
    • 早川 みち子 HAYAKAWA Michiko
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンターリハビリテーション中央病院内科 Department of Internal Medicine, Hyogo Rehabilitation Center Hospital
    • 石原 健造 ISHIHARA Kenzou
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンターリハビリテーション中央病院内科 Department of Internal Medicine, Hyogo Rehabilitation Center Hospital
    • 鹿住 敏 KAZUMI Tsutomu
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンターリハビリテーション中央病院内科 Department of Internal Medicine, Hyogo Rehabilitation Center Hospital

抄録

症例は65歳男性. 左顔面しびれ感・歩行障害および構音・嚥下障害を主な症状とし, 頭部MRICTにて延髄左 (背) 外側部にT2 high density の梗塞巣を認め, 神経学的所見より Wallenberg 症候群と診断された. 歩行障害は発症2週後には改善傾向を認めたが, 嚥下障害は重篤で発症3カ月後, 誤嚥性肺炎を繰り返し経口摂取不能であった. その時点での Videofluorography (VF) 検査では咽頭部梨状窩で造影剤の貯留と下咽頭での反復嚥下を認め, 一部気道内へ流入し誤嚥を生じ, 輪状咽頭筋弛緩障害が疑われた. 嚥下リハビリテーションの訓練手技としてバルーン拡張引き抜き法を取り入れ, VF検査により経時的に嚥下障害の重症度を評価した. 嚥下訓練4週間後のVF検査では個体形状物の咽頭通過障害は軽減し, 間歇的経口経管栄養法と一部経口摂取併用が可能となった. 嚥下訓練8週間後には3食とも嚥下食の経口摂取が可能となり, 12週間後のVF検査では咽頭下部での反復嚥下および液体形状物の咽頭梨状窩での残留は軽減し, 個体形状物の咽頭通過障害は消失した. 本症例において, バルーン拡張引き抜き法による嚥下訓練とVF検査による嚥下障害の機能判定が嚥下リハビリテーションおよび経過の観察にきわめて有用であった.

A 65-year old man was admitted with severe dysphagia, ataxia and aspiration pneumonia. Dysphagia and ataxia were caused by lateral medullary infarction (Wallenberg's syndrome). The swallowing abnormality was assessed by videofluorography and we attempted the balloon dilatation method for cricopharyngeal dysphagia. Three months after initiation of swallowing training, videofluorography (VF) showed that the magnitude of aspiration to the trachea had decreased and the patient began taking food by mouth. The balloon dilatation method is successful for chronic stage cricopharyngeal dysphagia and the VF test is useful for quantitative assessment of dysphagia and for deciding when to start oral intake in elderly patients.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 37(6), 490-494, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008487783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03009173
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ