分裂病様症状を呈したKlinefelter症候群の1老人例 A Case of Klinefelter's Syndrome with Schizophrenia-Like Symptoms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

分裂病様症状を呈した Klinefelter 症候群の1老人例を報告した. 39歳時に精神分裂病と診断され外来にて治療を受けていた. 72歳の時母親の入院を契機に服薬が不規則となり躯幹・四肢に不随意運動が出現したため入院となった. 入院時には被害妄想, 妄想気分, 妄想知覚, 対話性幻聴がみられ, また精神運動性興奮も認めた. 抗精神病薬を始めたところ軽度幻聴が残ったものの全体的には精神症状は落ち着き, 無為・自閉といった人格変化はみられなかった. なお, 不随意運動は抗精神病薬を開始後徐々に減少した.<br>入院時身体所見において長身, 女性化乳房, 薄い陰毛, 陰茎と睾丸の発育不良を認めた. また, 内分泌検査において, 黄体ホルモン (LH), 卵胞刺激ホルモン (FSH) の高値およびテストステロンの低値など原発性性腺機能不全の所見を認めた. さらに染色体分析を行ったところ47, XXYという染色体構成となっていたため Klinefelter 症候群と診断した.<br>精神障害, 特に精神分裂病様症状を伴う Klinefelter 症候群の報告例は本邦においてもいくつかみられるが, 精神分裂病との関連では臨床症状や経過などの点において相違がみられるとする報告が多い. すなわち, Klinefelter 症候群における精神症状は, 幻覚を中心に多彩な症状を示す例が多く, 長期間経過しても人格的変化をきたす例は少ないといわれている. 一方, 最近の精神分裂病における性差の研究をみると, こうしたKlinefelter 症候群にみられる精神症状の特徴は女性精神分裂病例のそれに類似する点が多い. 精神分裂病の精神症状の性差には性ホルモンのうちエストロゲンの分泌時期, 周期などとの関連が示唆されているが, ゴナドトロピンやテストステロンなど他の性ホルモンとの関連についても注目する必要があると思われた.

A case of Klinefelter's syndrome with schizophrenia-like symptoms is reported. He was given a diagnosis of schizophrenia at the age of 39. After being treated with medication for many years, he stopped taking them at the age of seventy-two and involuntary movements appeared in his limbs and the trunk. Upon admission to our hospital, he was experiencing delusion and psychosocial exitement.<br>A physical examination showed hime to be a thin man of 175.5cm height, suffering from a mild degree of gynecomastia, testicular atrophy. Serum LH and FSH were both high 10.9 and 47.8mU/m<i>l</i> respectively. Serum testosterone concentration was 0.2ng/m<i>l</i>, much lower than the normal range (2.7-10.7ng/m<i>l</i>). On the Wechsler adult intelligence scale (Revision), his total IQ was 103 (performance IQ 100, verbal IQ105). Karyotype analysis revealed an XXY pattern. Although slight auditory hallucinations remained, the delutional symptoms as well as the involuntary movemets diminished after the administration of psychotrophics. Personality changes such as apathy and abulia was subsided. The psychological symptoms were very simillar to these of cases in other reports of Klinefelter's syndrome associated with schizophrenia-like sympotoms.<br>Some reports about the relationships between sex hormones and schizoprenia including other psychotic disorders suggestthat the X-chromosome plays an important part in the mechanism of psychosocial symptoms and in the prognosis in Klinefelter's syndrome.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 37(6), 495-498, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008487795
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03009173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ