Slow pathway potential記録領域へのカテーテル固定のみにてslow pathwayへのjump現象消失とfast pathway有効不応期の著明短縮を認めた房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)の1例 Shortening of fast pathway refractoriness after positioning of the electrode catheter against the area of slow pathway : A case report

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 心臓ペーシング

    心臓ペーシング 12(1), 68-72, 1996-01-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008491787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10076742
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09110836
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ