刺激閾値曲線からみた浮遊型心房電極による心房ペーシングの実用性に関する実験的検討 Experimental study for proper output setting of atrial pacing by floating atrial dipole electrodes for single pass VDD pacemaker as derived by the stimulation-threshold curve

この論文をさがす

著者

    • 中沢 潔 NAKAZAWA Kiyoshi
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine
    • 岸 良示 KISHI Ryoji
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine
    • 高木 明彦 TAKAGI Akihiko
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine
    • 赤城 格 AKAGI Tadasu
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine
    • 原 正寿 HARA Masatoshi
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine
    • 戸兵 雄子 TOHYO Yuko
    • 聖マリアンナ医科大学第二内科 2nd Department of Internl Medicine, St. Marianna University School of Medicine

収録刊行物

  • 心臓ペーシング

    心臓ペーシング 12(4), 427-430, 1996-10-25

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008492644
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10076742
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09110836
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ