高度腹腔内癒着を伴った慢性腎不全症例における腹腔鏡下CAPDカテーテル挿入法 LAPAROSCOPIC PLACEMENT OF CAPD CATHETER WITH 2mm MINISITEGOLD IN A PATIENT WITH PREVIOUS ABDOMINAL OPERATIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は48歳男性.腹膜炎,左腎摘出術の既往がある. 44歳時より腎機能障害がみられ,平成10年12月に血液透析が導入されたが,本人の希望により腹膜透析を行うことになり腹腔鏡下CAPDカテーテル挿入術を選択した.術中, 2mm硬性直視鏡ミニサイトゴールド<sup>®</sup>を挿入し腹腔内を検索したところ,癒着は高度であった.それをマイクロシアーズ<sup>®</sup>で剥離した後, 10mmポートよりCAPDカテーテルを挿入した.カテーテルをダグラス窩に誘導した後,腹膜の縫縮をエンドクローズ<sup>®</sup>で行った.皮下トンネルはそれぞれの刺入部を利用し作成した.腎不全患者に行われるCAPDカテーテルの挿入は,従来腹部手術の既往のあるものは除外される傾向にあった.しかし,この分野への腹腔鏡の導入により腹腔内癒着症例に対してその技術を応用した報告も散見されるようになった.今回われわれは腹腔内高度癒着症例に対し, 10mmのトラカールをカテーテルの挿入口として利用し又細径器具を用いることで最少かつ最小の手術創で同手技を成しえたので報告する.

A 48-year-old man with chronic renal failure underwent placement of a continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD) eatheter using a microlaparoscopical surgical technique. He had previously undergone appendectomy due to appendicitis with panperitonitis and left nephrectomy due to hydronephrosis of unknown origin. Under general anethesia, the patient was placed in a supine position. The 2mm Minisitegold was inserted through a 2mm introducer placed in the left paraumbilical area. Multiple adhesions between the bowel or emontum and the peritoneal surface of the anterior abdominal wall were detected. Adhesiolysis was perfomed with a Microscissors, then a 10mm port was placed in another site. A CAPD catheter was inserted through this second port, and the distal end of the catheter was guided into the pelvic cavity under direct visualization. To prevent leakage, the peritoneum around the catheter was closed by Endoclose and 1-0 Vycryl. This technique proved to be safe, effective and non-invasive.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 61(7), 1872-1876, 2000-07-25

    Japan Surgical Association

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008502924
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ