十二指腸下行部腺管腺腫の1例 TUBULAR ADENOMA OF THE DUODENUM : A CASE REPORT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は47歳,女性.集団検診の上部消化管造影検査で十二指腸下行部に隆起性病変を指摘され来院した.低緊張性十二指腸造影,および内視鏡検査にて十二指腸下行部に径3.5cmの有茎性腫瘤を認め,生検の結果group III,腺管腺腫の診断を得た.腺腫内癌の可能性もあり,内視鏡的ポリペクトミーではpiecemealになることも想定されたため,十分なインフォームドコンセントのもとに十二指腸切開による腫瘍切除を施行した.術中ならびに切除標本の病理所見で悪性像は認められなかった.最近,十二指腸腫瘍の症例が増加しており,内視鏡下の治療によるものが多いが,外科的治療を必要とするものがある.その選択の基準を得るため過去の報告症例を再検討した.

A 47-year-old woman was admitted to our hospital because of a abnormal duodenal shadow found by mass screening examination.<br> Hypotonic duodenogram showed a pedunculated lesion 3.5cm in size in the second portion of the duodenum. Endoscopic biopsy specimen suggested tubular adenoma. We resected the tumor by open laparotomy because we dislike piecemeal polypectomy. Histological analysis of the specimen confirmed tubular adenoma with no malignancy.<br> Due to the recent increase of duodenal polyp, re-examination of past cases has been necessary to determine whether endoscopic or surgical treatments are more effective in these cases.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 61(8), 2060-2063, 2000-08-25

    Japan Surgical Association

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008503474
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ