嗅覚の分子生理学 Molecular Physiology of Olfaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

匂い分子受容体の発見以降, 嗅覚神経系の研究は最近の10年間に劇的な進歩を遂げ, 匂い分子識別の神経メカニズムの理解や嗅球での「匂い地図」の解明へと展開している. 本稿では, 老年医学への応用を念頭におき, 嗅覚神経系の最新の知識と展望をまとめた.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 39(2), 141-144, 2002-03-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008508320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    6125968
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ