胸壁刺創後に発生し,肝を内容とした外傷性横隔膜ヘルニアの1例 A CASE OF TRAUMATIC DIAPHRAGMATIC HERNIA INVOLVING THE LIVER OCCURRED AFTER RECEIVING A STABBED WOUND IN THE CHEST WALL

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society

    日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 57(4), 881-884, 1996-04-25

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008520519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869776
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ