多発肝転移巣に対して肝動注療法が有効であった直腸カルチノイドの1例 A CASE OF CARCINOID OF THE RECTUM IN WHICH INTRAHEPATIC CHEMOTHERAPY WAS EFFECTIVE FOR MULTIPLE LIVER METASTASES

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society

    日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 57(4), 918-921, 1996-04-25

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008520637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869776
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ