腹腔鏡下大腿ヘルニア修復術の経験 EXPERIENCES OF LAPAROSCOPIC HERNIORRHAPHY : FEMORAL HERNIA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

通常診療の対象となる鼠径部ヘルニアは内・外鼠径ヘルニアが多く,大腿ヘルニアは比較的少ない.われわれは今日までに25例の腹腔内アプローチによる腹腔鏡下大腿ヘルニア修復術を施行し,うち2例の大腿ヘルニアを経験し良好な結果を得た.内視鏡下手術は胆嚢摘出術,鼠径ヘルニア修復術に代表される腹腔内手術をはじめ,胸腔内手術,さらには婦人科手術にまでその技術は応用され,術後疼痛の軽減,早期社会復帰,また美容上優れているという点から今日次第に普及しつつある.腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術では腹腔内よりヘルニア門を観察できるため診断が容易であり,また合併するヘルニアに対してもポリプロピレン製メッシュを用いて同時に治療することが可能であり,従来の腹壁外からのアプローチによる手術法と比較しても遜色がないと思われる.

We usually experience direct and indirect inguinal hernias more frequently than femoral hernias. We have done laparoscopic herniorrhaphy (transabdominal approach) in 25 patients. Two of them had femoral hernia and recovered without any complications. Endoscopic surgery has become widespread on the ground of less postoperative sore, sooner return to daily life and cosmetic benefit. In laparoscopic herniorrhaphy, we can easily diagnose and treat combined hernia simultaneously using polypropylene mesh. Laparoscopic herniorraphy is considered by no means inferior to the conventional method by anterior approach.

収録刊行物

  • 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society

    日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 57(6), 1502-1505, 1996-06-25

    Japan Surgical Association

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008522319
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869776
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ