晩期にバルーンカテーテルを用いた塞栓除去術が奏功した腹部大動脈塞栓症の1例 A SUCCESSFUL CASE OF LATE EMBOLECTOMY WITH A FOGARTY BALLON CATHETER FOLLOWING ACUTE OCCLUSION OF THE ABDOMINAL AORTA

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society

    日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 57(12), 2979-2983, 1996-12-25

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008525527
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869776
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ