極低温の温度保持がコンクリートの劣化に与える影響 THE INFLUENCE OF STORAGE AT VERY LOW TEMPERATURES ON THE DETERIORATION OF CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンクリートは常温から極低温まで繰り返し冷却されると, コンクリート内部の水分凍結によって劣化する. このような劣化に影響を与える要因は様々であり, その一つに極低温下での温度保持が挙げられる. 実際, 極低温物質の貯蔵を目的とする構造物は一定期間ある温度で保持されるため, このような要因が劣化に及ぼす影響を調べることは重要なことである. また, 温度保持によるコンクリートの劣化は, 冷却速度や冷却最低温度といった他の劣化要因とも密接な関係があると予想される. したがって, 本研究では水セメント比や空気量の異なる配合に対して, 温度保持時間, 冷却最低温度, 冷却速度を変化させ, 劣化に及ぼすこれら要因の相互関係を詳しく調査することとした.

Concrete cooled to very low temperature cyclically is deteriorated by ice formation in mien-pores. Although the factors to the deterioration are various, storage at very low temperature is mentioned as one of the factors. In practice, storage of cryogenic structure is kept at very low temperatures, and as such, it is important to take into consideration the influence of storage at such low temperature on the deterioration of concrete. It is expected that the cooling rate and minimum temperature have a close relationship to each other in the concrete deterioration process. Thus, in this study, the influence of storage on the deterioration of concrete at various minimum temperatures and cooling rates was researched on, taking into consideration the different W/C and air content.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 704, 13-25, 2002-05-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008534558
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6177750
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ