若材齢コンクリートの耐凍害性 FREEZING AND THAWING DURABILITY OF EARLY-AGE CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

十分な空気を混入したコンクリートが約半日から14日までの各材齢に保有している耐凍害性能を通常の急速水中凍結融解試験によって実験的に調べた. 実験結果の解析には, 試験中にセメントの水和が継続する影響を排除する手法として著者等が過去の研究で提示したデータ解析手法を適用した.<br>本研究では, 若材齢コンクリートの耐凍害性も, 強度および含水量に大きく左右され, 水セメント比の直接的な影響は小さいこと, 飽水状態にあるコンクリートに満足すべき耐凍害性を付与するためには24N/mm<sup>2</sup>以上の圧縮強度が必要であること等を示した. また, 寒中コンクリートの養生方法に関し, わが国で標準となっている湿潤養生よりも封かん養生に近い養生方法を採ることが望ましいことを示した.

Freeze-thaw resistance of concrete with sufficient entrained air was tested at the ages of about 12hrs to 14 days by a conventional rapid freezing and thawing test. The effect of continued cement hydration during the test was eliminated from the test results by applying a data-analyzing technique which had been proposed by the authors.<br>It was shown that the freeze-thaw durability of early-age concrete was dependent on its strength and degree of saturation, and that a minimum compressive strength of 24N/mm<sup>2</sup> was required for a water-saturated concrete to possess a sufficient freeze-thaw durability. Also shown was that a curing method similar to sealed curing was preferable in cold weather concreting rather than a moist curing as recommended in Japanese specifications.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 704, 187-199, 2002-05-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008534808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178056
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ