剛体一バネモデルを用いたRCパネルのせん断二次破壊に関する解析的研究 ANALYTICAL STUDY ON SLIDING SHEAR FAILURE OF RC PANELS USING RIGID-BODY-SPRING MODELS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 離散型の解析手法である剛体-バネモデルを用いて, 純せん断力を受けるRCパネルの解析を行った. せん断力を受ける鉄筋コンクリート部材は, ある条件下でひずみの局所化が起こり, 通常のせん断破壊に比べて脆性的な破壊を示すことが確認されている. この破壊形態はせん断二次破壊と呼ばれ, その破壊メカニズムと発生条件はいまだ十分に解明されていない. 剛体-バネモデルは材料の不連続現象を比較的容易に表現できることから, RCパネルのせん断破壊挙動について詳細な考察を行うことで, せん断二次破壊の破壊メカニズムの解明を試みた. また, コンクリートの圧縮強度, 補強鉄筋の降伏強度, 補強鉄筋比の3つのパラメータを変化させたパラメトリック解析を行い, せん断二次破壊の発生条件を解析的に調べた.

This paper presents numerical analyses of reinforced concrete (RC) panels subjected to pure shear forces using rigid-body-spring models. RC members under certain conditions exhibit brittle failure with strain localization relative to ordinary shear failure. This failure mode is called a sliding shear failure whose mechanisms of failure are not well clarified. The rigid-body-spring model is one of the discrete type models that are suited towards problems where material discontinuities are dominant. Numerical predictions obtained by the model are therefore useful to comprehensively understand the mechanisms of the failure. The parametric analyses with regard to compressive strength of concrete, yield strength of reinforcement, and reinforcing ratio are also carried out to investigate the conditions when the sliding shear failure occurs.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 704, 219-234, 2002-05-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008534844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178122
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ