RCCを用いた新形式カルバートの設計と実用化に関する研究 STUDY ON THE DESIGN AND UTILIZATION OF A NEW TYPE CULVERT METHOD USING RCC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平野部が既に専有されている我が国における今後の幹線道路は, 山岳部での建設が主体となる. この山岳部での道路建設では, トンネルや橋梁の比率増加に伴い, 高盛土も多くなり, これを横断するカルバートの施工事例が増加すると予想される. 高盛土に適用されるカルバートは, 従来型のアーチカルバートなどが用いられるが, これらは工期や工費の点で改善すべき問題点を有している. 一方, 21世紀を迎え, ますます厳しくなる我が国の財政事情を勘案すると, 公共工事のコスト縮減をさらに推進する必要がある. 本論文では, 工期短縮, 工費節減および耐久性改善を目標として開発された盛土内における新しいタイプのカルバート, RCCカルバートの設計と実用化に関する研究内容について述べる.

In our country where the plain part is already occupied, in the near future, the highway construction in mountains zone will become main and then it is expected that a culvert in high embankment will increase in number. On the other hand, if it is taken into consideration that the financial situation of our country in the 21st century becomes still severer, it is necessary to promote cost reduction of public-works further. This paper presents the contents of study on the design and utilization of a new type culvert method, namely RCC culvert that had been developed for the purpose of time-necessary-for-completion shortening, cost-of-construction reduction, and improvement in durability.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 704, 235-249, 2002-05-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008534859
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178141
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ