1993年北海道南西沖地震津波における局所遡上の数値解析 NUMERICAL ANALYSIS FOR LOCALLY HIGH RUNUP OF 1993 HOKKAIDO NANSEI-OKI SEISMIC TSUNAMI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1993年に発生した北海道南西沖地震津波は, 奥尻島藻内地区において31.7mの痕跡高を記録した. しかし, 31.7mを記録した地点近傍の痕跡高は23-25m程度であったため, 局所的な原因により一部だけ高く遡上したと考えられる. この現象を再現し, 原因を解明するため, 当所で開発した自由液面解析コード (FRESH) を用いて藻内地区での遡上現象を解析した結果, 以下のことが分かった. 1) 解析された津波挙動は水理実験結果とよく一致する. 2) 最大遡上高の解析結果は痕跡高と定量的によく一致する. 3) 局所的な遡上は, ポケットビーチと津波来襲方向の傾き, 最大遡上高が発生した谷付近の形状および波形勾配の大きさが要因となって発生したと推察される. 4) 遡上域では, 水位が上昇している間, 鉛直流速が大きく, その大きさは鉛直方向に一様ではない.

Computer code (FRESH) was applied to a locally high runup phenomenon at Monai district in 1993 Hokkaido Nansei-oki tsunami. The results are summarized as follows. 1) The computed tsunami behaviors temporally and spatially agree well with an experiment result of 1/400 non-distorted scale-model. 2) The computed runup heights agree with tsunami marks including the maximum height (31.7m) at Monai district. 3) Main factors of the locally high runup are the steepness of tsunami wave, angle between coastline and tsunami attack direction and the configuration of the south valley. 4) In runup area, while water level rises, vertical velocity has large value that is not uniform in a vertical direction.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 705, 139-150, 2002-05-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178000
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ