小川原湖におけるヤマトシジミの繁殖環境について HYDRAULIC STUDY ON REPRODUCTIVE CONDITION OF CORBICULA JAPONICA IN LAKE OGAWARA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小川原湖は青森県東部の汽水湖でヤマトシジミの産地である. しかし, 湖の平常時の塩分は約1psuであり, シジミの産卵に適していると言われる値よりも低い. そこで, 本研究では小川原湖にシジミが多く生息する理由を, 現地観測と数値シミュレーションにより水理学的観点から検討した. その結果, 北東部湖口付近の浅瀬では, 比較的大規模な塩水侵入時に産卵・発生に適した塩分環境が形成されること, そのような規模の塩水侵入がシジミの産卵期に比較的高い頻度で発生することなどが示された. また, 湖北東部で発生したシジミの浮遊幼生が1週間前後の浮遊幼生期に湖水流動によって拡散し, 湖内の全域に分布する可能性が数値シミュレーションにより示唆された. 以上より, 小川原湖におけるヤマトシジミの再生産は, 主に湖北東部の浅瀬において行われているものと推定された.

Lake Ogawara is a brackish water lake where the most dominant water organism for fishery is <i>Corbicula japonica</i>. There is a mystery about the reproduction of the clams in the lake: The usual salinity concentration of the lake is only 1 psu, which is far lower than the salinity needed for the spawning of the clams. In this study, reason of the mystery is investigated from the standpoint of hydraulics by field measurement, numerical simulation and statistical analysis. The results show the following: The salinity condition favorable to the spawning of the clams is developed in a restricted area near the lake exit in a restricted period of seawater intrusion and the expectation of this condition is considered to be frequent enough for the propagation of the clams. The spawned larva is diffused by wind driven current and can spread over whole area of the lake within floating period of about only 1 week.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 705, 175-187, 2002-05-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178021
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ