都市の水循環における雑用水利用の役割 THE ROLE OF WASTEWATER REUSE SYSTEMS FOR WATER CYCLE IN URBANIZED AREA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市の水循環に大きな役割を果たす雑用水利用の現状を把握するため, 東京都23区内の雑用水利用施設の管理者を対象にアンケート調査を行った. その結果, 1) 行政指導規模未満の建築物においても, 水利用コストの縮減や環境保全を目的とした自主的な導入が多いこと, また, 個別循環を行っている建築物について, 2) 使用水量に占める雑用水系 (補給水含む) の割合は35%程度であること, 3) 雑用水利用施設の処理能力を使用水量の60%程度以下とすることで処理施設の稼働率 (=再生水/処理能力) が40%程度以上となること, 4) 稼働率を50%程度以上とすることで雑排水を処理して再生水とするコストが1m<sup>3</sup>当り600円程度以下となること, などが明らかとなった.

The wastewater reuse systems have an important role for water cycle in urbanized area. So the present status was investigated with a questionnaire survey to the operators of wastewater reuse systems, existing in 23 wards of Tokyo. The results obtained were summarized as follows: (1) 70% of individual reuse systems, wastewater was adopted originally from the view point of cost reduction and environment preservation; and in the case of individual reuse systems, (2) the wastewater reuse volume of wasterwater reuse was about 35% of whole water consumption; (3) working ratio (=treated water/system capacity) was more than 40% when the capacity was less than 60% of whole water consumption; (4) the cost for treatment was less than 600 yen par m<sup>3</sup> when the working ratio was more than 50%.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 706, 7-18, 2002-05-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6177974
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ