単独建屋後流におけるトレーサガス濃度変動に関する風洞実験 A WIND TUNNEL EXPERIMENT ON TRACER GAS CONCENTRATION FLUCTUATION NEAR A CUBICAL MODEL BUILDING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プラント等での可燃性ガスや毒性ガスの漏洩事故に対する安全対策では, 漏洩ガスの平均濃度だけでなく瞬間的に生じる濃度変動を含めて評価することが重要である. 本研究では, 気流に対し前面が直角に置かれた単独の建物後流域におけるガス拡散挙動や最大濃度を評価するための風洞実験を行った. 濃度測定用のトレーサガスは建物屋根面から放出し, 高応答性の濃度計を用いて濃度変動を測定した. その結果, 建物風下近傍ではプルームが逆流域に取り込まれ, プルーム内の濃度が均一化されることが確認された. また, 瞬間濃度の確率分布から求めた最大濃度は, 濃度変動強度の大きさに応じて対数正規あるいは指数分布による推定値と良く一致し, 後流域の最大濃度は平均濃度の2~3倍程度となることを明らかにした.

A wind tunnel experiment was conducted to investigate the effects of a building on tracer gas concentration fluctuation in a wake region of a cubic model perpendicular to the wind direction. Measurements were carried out in a plume emitted from a point source on the model roof using a high-frequency-response flame ionization detector. The concentration fluctuation intensity is approximately constant at a value between 0.4 and 0.5 in a building wake. The peak-to-mean concentration ratio in a wake agrees well with that estimated from the lognormal distribution and is always about 5 times the concentration fluctuation intensity.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 706, 41-49, 2002-05-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535272
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178007
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ