白石平野における地下水塩水化メカニズム MECHANISM OF SALTWATER INTRUSION INTO GROUNDWATER IN THE SHIROISHI PLAIN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

佐賀低平地における広域地盤沈下, 地下水塩水化, 海成粘土の強度低下などの地盤環境問題は, いずれも地下水の動きが関与していると考えられる. 本報では, 地下水塩水化のメカニズムを明らかにするため, 灌漑用として季節的な地下水揚水が行われている筑紫平野最西部に位置する白石平野を対象に, 完新統と更新統上部層の水中溶存成分の鉛直移動に着日し, 水質分析, トリチウム分析, 環境同位体分析を実施した. その結果対象地域における更新世帯水層地下水の塩水化は, 完新世海成粘土層中の塩分溶脱が関与していることを見出した. 地下水塩水化のメカニズムは, 更新世帯水層地下水の季節的揚水に伴い, その上部の完新世有明粘土層 (海成層) 中に間隙水として保持されてきた堆積当時の海水 (化石水) が, 帯水層の地下水と混合希釈したものと解される.

Geoenvironmental problems in the Shiroishi Plain such as land subsidence, saltwater intrusion into groundwater and the change of strength characteristics of marine clay deposit, are all related to groundwater movement. To investigate the mechanism of saltwater intrusion into groundwater in the plain, water quality, natural radioactive isotopes and environmental stable isotopes analyses were conducted, directing our attention to the vertical migration of considered cations/anions. The results suggest that the mechanism of saltation of groundwater can be explained as the mixing of groundwater with fossilized seawater in Holocene marine deposit by seasonal pumping-up of groundwater.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 706, 51-59, 2002-05-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178017
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ