アルカリ骨材反応によるコンクリートの劣化損傷事例と最新の補修・補強技術 Case Studies on Deterioration of Concrete Structures due to Alkali-Silica Reaction (ASR) and its Recent Rehabilitation Techniques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来, ASRにより劣化した構造物の耐荷性能については, 内部に配置された鉄筋によって膨張が適切に抑制された場合, 健全なものと比べて大きく低下してないものとされてきた。しかし, 近年, ASRによって著しく劣化したコンクリート構造物の事例が報告されている。反応性骨材の種類と構造物の使用・環境条件によってはコンクリート構造物に過大な膨張が生じ, コンクリートと鉄筋との付着低下, コンクリート自身の強度の低下, 内部の鉄筋の降伏・破断などを生じた構造物が報告されている。本稿では, ASRにより劣化したコンクリート構造物の劣化損傷事例を解説するとともに, 補修・補強対策の現状とその問題点および最新の補修・補強技術の開発動向について紹介する。

Recently, case studies on concrete structures severely deteriorated by alkali-silica expansion have been reported. When the alkali-silica expansion is excessively accelerated by the environmental condition around concrete structure, it is suggested that the damages such as the reduction in bond strength between concrete cover and steel reinforcement bar, the reduction in compressive strength of internal concrete, and the yielding or breaking of steel reinforcement bar will occur to a significant extent. In this paper, typical cases and recent rehabilitation techniques for ASR-affected concrete structures are introduced with the photographs of damages of ASR-affected concrete structures.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 40(6), 3-8, 2002-06-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • ASR劣化構造物の補修・補強

    室井 智文 , 服部 篤史 , 真鍋 英規 , 竹田 哲夫

    セメント・コンクリート = Cement & Concrete (712), 60-67, 2006-06-10

    参考文献8件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535399
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    6178037
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ