分子生物学的手法を用いた廃棄物埋立地浸出水中の硫酸塩還元菌とメタン生成菌の解析 Analysis of Sulfate-Reducing Bacteria and Methanogens in a Landfill Site Using Molecular-Biological Techniques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 浩二 MORI Koji
    • 産業技術総合研究所 生物遺伝子資源研究部門 生物資源情報基盤研究グループ Research Institute of Biological Resources, National Institute of Advanced Industrial Sciene and Technology (AIST)

抄録

廃棄物埋立地における廃棄物の分解と安定化のメカニズムを知ることは, 廃棄物埋立地を正しく評価するために極めて重要である。ここでは, 分解・安定化に大きな役割を果たしていると考えられている硫酸塩還元菌とメタン生成菌に焦点を絞り, これらの分布と構造について分子生物学的手法を用いて研究した結果を述べる。これまで, その微生物学的知見は培養法によるものが大半であったが, 1990年代より様々な環境を理解するために分子生物学的手法が適用され, 多くの知見が得られはじめた。主な方法としては定量的PCR, クローニング解析, DGGE, RFLP, TRFLP, スロットプロットDNA (RNA) ハイブリダイゼーション, FISHがある。これらを概説し, 定量的PCRとクローニング解析の応用例を示した。その結果, 硫酸塩還元菌の存在量は全細菌の約15-30%であること, メタン生成菌は約2-3%であることがわかった。さらに, クロルベンゼン等の有機塩素化合物を脱塩素化することで知られているDesulfomonile属が多数検出され, 廃棄物埋立地における有機塩素化合物の分解を説明できる結果を得た。

In order to critically evaluate a landfull, it is very important to understand the mechanisms for organic decomposition and inorganic stabilization in the dumped layers. In this review, we focus on the distribution and structure of sulfate-reducers and methanogens, which are considered to be the major microorganisms for decomposition and stabilization of wastes, in a landfill site using molecular biological methods. Conventional methods for counting and measuring of bacterium have always required a long cultivation time and the value obtained after cultivation depends on the composition of nutrients, but from 1990 many useful methods based on molecular biology have been developed. This include quantitative PCR method, cloning analysis, DGGE, FRLP, TRFLP, slot-blot DNA (RNA) hybridization, and FISH. We have briefly reviewed these methods and examined the quantitative PCR method and cloning analysis on landfill leachates. Result showed that the distribution ratio of sulfate-reducers and methanogens was 15-30% and 2-3 %, respectively. The genus of Desulfomo-nile, which includes many species of higher dehalogenation activity to halo-compounds, was dominant. The the decomposition of halochemicals in the landfill sites due to wide distribution of the genus is a possible explaration for this.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌

    廃棄物学会論文誌 13(3), 113-123, 2002-05-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  71件中 1-71件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008539972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    6191484
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ