焼却灰に含有される有害金属類の環境インパクト評価 Environmental Impact Evaluation of Heavy Metals Contained in the Fly and Bottom Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 一般廃棄物焼却施設から採取した飛灰および主灰について各種の溶出試験と化学物質のリスクに関わる優先度を決定するスコアリングを組み合わせることにより, 焼却灰中に含有されるCr, Cd, Pb, Sbの『溶出されやすく, 生体内に曝露されやすく, しかも有害な影響をおこしやすさ』を浸出水へ与えるインパクトの強さとして定量的に評価した。その結果, 焼却灰の浸出水への影響を評価するためには, 二段階バッチ試験とアベイラビリティー試験を組み合わせる必要があることと, 埋立て初期のCd, 長期間にわたるPb溶出によるインパクトが強いという結論を得た。

Characteristics of leaching of heavy metals from fly and bottom ash were investigated experimentally. Leaching activity was found to depend on pH, L/S ratio and ion concentration in the leaching solution. Low pH increased the elution of lead and cadmium. In order to evaluate the short-and long-term elution of landfill sites, various leaching tests are required. These include the serial batch test and/or the availability test for pH and L/S ratio. The impact analysis of heavy metals on the environment was tested using a the method which combines the results from several leaching tests and hazardous scoring techniques. As a result, it is obvious that short-term landfill cadmium and long-term lead have a more hazardous impact.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌

    廃棄物学会論文誌 13(3), 124-130, 2002-05-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008540044
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    6191505
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ