都市ごみ焼却灰および廃プラスチックの処理・有効活用技術に関する環境負荷の定量化 Environmental Load Assessment of Disposal and Utilization of MSW Incineration Ash and Waste Plastics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 都市ごみ焼却灰の処理・有効利用技術の環境負荷を, 地球温暖化および最終処分場枯渇の面から定量化したものである。また, 分別収集された廃プラスチックのリサイクル技術についても同時に評価した。灰水洗技術を用いて都市ごみ焼却灰をセメント原料として利用することで, 地球温暖化防止および最終処分場延命に極めて有効であることが明らかとなった。現在のセメント製造システムは廃プラスチックを極めて高い効率で有効利用することが可能であり, 地球温暖化防止や天然エネルギー資源の延命に極めて効果的であった。

This study deals with quantitative analyses of environmental loads resulting from utilization or disposal of the incineration ash from MSW (Municipal Solid Waste) . Recycling of waste plastics collected separately from households is also evaluated. The study proves that ash utilization, as a raw material of cement production after chlorine removal with the"ash-rinsing technology", is a highly effective for preventing means to global warming and prolonging the lifetime of landfill sites. The latest cement production process also enables effective utilization of waste plastics as an alternative fuel, thereby effectively preventing global warming and also preserving natural energy sources.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌

    廃棄物学会論文誌 13(3), 131-140, 2002-05-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008540054
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    6191529
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ