アルコール含有速乾性擦式手指消毒剤の適切な使用方法の検討 : 手指消毒効果,皮膚への影響,使用感及びアンケート調査より The Investigation of the Correct Use of Quick Dry Type Alcoholic Hand Lotion : Questionnaire of the Effect and Influences on the Skin, and Sensation in Use

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルコール含有速乾性擦式手指消毒剤 (以下擦式剤) ウエルパス, ウエルアップ, ヒビソフトの手指消毒効果と皮膚への影響およびアンケート調査を行い, 対応策を検討した.<BR>I.アルコール含有速乾性擦式手指消毒剤<BR>手指消毒効果について, 消毒直後の平均指数減少値・減菌率は, 各擦式剤間で有意差がなかった (T検定) こと.手指の状態の変化について, 開始前と3, 5, 14日目において各擦式剤間で有意差がなかった (T検定) こと.使用感について, 使用時, 乾燥後とも各擦式剤間で有意差がなかった (<I>x</I><SUP>2</SUP>検定) ことから, 各擦式剤の消毒効果, 手指の状態の変化, 使用感は同等であった.<BR>II.病室における手洗い・手指消毒に関するアンケート調査<BR>2000年1月全国大学病院, 神奈川県内基幹病院150施設で実施し, 100施設より回答を得た (回収率66.7%).院内感染対策について, 委員会は全施設で設置され, 担当者は専任が14施設, 兼任は72施設であった.院内感染対策加算は95施設で実施していた.手洗い・手指消毒用流水設備は, 病室前は設置していないが約半数で, 病室内は48施設で設置していたが, 洗面用と考えられた.擦式剤は81施設で全病室前に設置していた.手洗い・手指消毒時期は, MRSA肺炎患者の褥瘡処置時が最も多かった.手洗い方法は, 流水設備がある場合, 流水と擦式剤の併用は30%, 擦式剤が多いは24%であった.流水設備がない場合, 必ず擦式剤は59%で最も多かった.手洗い・手指消毒に関する意見は, 啓蒙活動の成果が上がらない, 手荒れ対策に苦慮している施設が多かった.<BR>当院では意識向上のため抜き打ち細菌検査を継続実施し, 皮膚保護剤で手荒れを防止している.

収録刊行物

  • 環境感染

    環境感染 16(2), 136-144, 2001-06-15

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008543131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    5809604
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ