銀メッキナイロン繊維布による抗菌効果 Antibacterial Effects of Silver-coated Nylon Fiber Clothes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

院内感染予防対策の一環として, 抗菌加工製品の使用が広まっている.我々は静電気防止対策として開発された銀メッキナイロン繊維布の各種微生物に対する抗菌効果を検討した.<BR>1)銀メッキナイロン繊維布に接触させた6種類の供試菌 (標準株の<I>K. pneumoniae</I> ATCC13883, <I>C.albicans</I> ATCC10259, <I>E. coli</I> ATCC25922, <I>S.aureus </I>ATCC25923および臨床分離株のmethicillin-resistant <I>S.aureus, P. aeruginosa</I>) の生菌数は接触時間の経過とともに減少した. この結果から, この実験に用いた銀メッキナイロン繊維布の抗菌作用が示唆された.<BR>2)人工汗, 蒸留水およびPBS中に銀メッキナイロン繊維布を浸漬させ銀濃度を定量した結果, 各溶液中に溶出された銀は時間の経過とともに増量傾向を示した.また, 人工汗中に溶出された銀は蒸留水, PBSに比して高い結果が得られた.<BR>3)銀濃度を定量した結果から一定濃度 (1ppmおよび5ppm) における硝酸銀溶液の抗菌効果を検討した.硝酸銀溶液による抗菌効果は銀メッキナイロン繊維布と比較して, 抗菌開始時間および抗菌に要する時間が遅延傾向を示していた.<BR>4)銀メッキナイロン繊維布の抗菌作用と各溶液中に溶出された銀との関係から, この繊維布の抗菌作用は経時的に溶出される銀の増量により発揮されると推察される.

収録刊行物

  • 環境感染

    環境感染 16(2), 151-156, 2001-06-15

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008543151
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    5809621
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ