重篤な亜鉛欠乏症を呈した慢性膵炎による吸収不良症候群の1症例 Malabsorption syndrome due to chronic pancreatitis resulting in severe zinc deficiency

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳,女性. 16年前, Vater乳頭部癌にて膵頭十二指腸切除術施行.四肢,臀部の紅斑,味覚低下,浮腫,下痢などを主訴に受診.検査所見は低栄養,膵外分泌機能の低下,血中亜鉛濃度の低下を示した.腹部CTでは残存膵は萎縮しており,慢性膵炎による消化吸収不良症候群,亜鉛欠乏症と診断した.亜鉛,消化酵素剤の内服では効果なく,亜鉛およびアミノ酸製剤の静脈内投与を行ったところ症状はすみやかに消失した.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(1), 453-455, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008546667
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074073
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ