左房内破裂をきたした解離性大動脈瘤 (DeBakeyII) の1例 Ruptured aortic dissection into the left atrium (DeBakey II)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久米田 憲志 KUMEDA Kenshi
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyusyu Cardiovascular center
    • 中島 均 NAKASHIMA Hitoshi
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyusyu Cardiovascular center
    • 小畑 八郎 OBATA Hachirou
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyushu Cardiovascular center
    • 植村 健 UEMURA Takeshi
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyushu Cardiovascular center
    • 奥井 英樹 OKUI Hideki
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyushu Cardiovascular center
    • 松岡 樹 MATSUOKA Ttsuru
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyushu Cardiovascular center
    • 鹿島 友義 KASHIMA Tomoyoshi
    • 国立病院九州循環器病センター第一循環器科 The First Division of Cardiology National Hospital Kyushu Cardiovascular center
    • 鄭 忠和
    • 鹿児島大学第一内科 First Department of Internal Medicine, Faculty of Medicine, Kagoshima University

抄録

症例は16年前に僧帽弁置換術を施行され,心不全症状で受診した71歳の女性.胸壁心エコーで左房内に僧帽弁閉鎖不全様の乱流を認めた.引き続き行った経食道心エコーで,左房内の乱流は大動脈バルサルバ洞から左房内へのシャント血流と判明した.受診後,急性左心不全をきたしショック状態となったため緊急心臓カテーテル検査を施行.造影によりDeBakey II型の解離性大動脈瘤と診断,偽腔と左房内との交通を確認した.ショックの改善のため経皮的心肺補助法(PCPS)で繋ぎ,準緊急的手術で救命することができた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(1), 462-463, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008546695
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ