急性左心不全で発症した褐色細胞腫の1例 Pheochromocytoma presenting as acute heart failure.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳女性で高血圧の既往なし.早朝突然急性左心不全を発症し,当科に搬入された.心電図は急性心筋梗塞様であり,軽度の心筋逸脱酵素上昇を認めたが,冠動脈に器質的狭窄はなく砂時計型の左室壁運動異常を呈していた.壁運動異常は数日で速やかに改善し退院したが,一カ月後に再度急性左心不全を発症.精査により褐色細胞腫が発見され,心不全の原因と判明した.原因不明の急性左心不全の鑑別上重要と考え報告する.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(1), 467-469, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008546715
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074150
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ