再発性Fisher症候群の1例 Recurrent Fisher syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

患者は34歳,女性.既往歴として24歳時にFisher症候群を発症していた.今回,感冒後に複視で発症し歩行困難となり入院, Fisher症候群の再発と診断された.血漿交換療法により神経症状は改善し,血清中の抗GQlb抗体も低下した.しかし発症7カ月後も抗GQlb抗体は陰性化しておらず,軽度の複視の遷延化と関連している可能性が示唆された.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(1), 474-476, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008546732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074198
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ