糖尿病発症9年後にGAD抗体が陰性から陽性になった Slowly progressive 1型糖尿病の1例 Slowly progressive type 1 diabetes mellitus whose anti-GAD antibody showed positive conversion after 9 years interval from the onset of the disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は72歳,女性.近医より高血糖を指摘され,受診.初回入院時から尿中CPRが低値であった事と臨床経過より, Slowly progressivel型糖尿病(SP1型糖尿病)を疑い, GAD (Glutamic Acid Decarboxylase)抗体の測定をしたが陰性であった.以後経時的にGAD抗体の測定を行っていたが,発症9年目の平成12年入院時に初めてGAD抗体が陽性となった.本症例はGAD抗体が陰性から陽性化したSP1型糖尿病で,興味深い症例と思われた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(3), 1028-1030, 2002-03-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008547348
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074530
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ