Remitting Serongegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema (RS_3PE) 症候群を呈した悪性リンパ腫の1症例 Remitting Serongegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema (RS_3PE) syndrome with malignant lymphoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は67歳,男性.高熱と両手背や足背に浮腫を伴う疼痛のため入院し,白血球増多,貧血,血清CRP高値を認めリウマトイド因子は陰性であった.関節X線像に骨びらんを認めず.副腎皮質ステロイド剤で寛解後,外来で漸減中に再燃した.両腋窩と鼠径部にリンパ節腫張を認め,腋窩リンパ節生検組織で悪性リンパ腫と診断した. RS<sub>3</sub>PE症候群はparaneoplastic syndromeとして重要で,治療抵抗性や再燃する場合には悪性腫瘍の検索が望まれる.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(3), 1031-1033, 2002-03-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008547357
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074562
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ