内科  100年のあゆみ  内分泌・代謝 III.  主要疾患の歴史 4.  Multiple endocrine neoplasia,MEN Multiple endocrine neoplasia, MEN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

MEN 1およびMEN 2A, MEN 2Bが独立した疾患として認識されたのは20世紀の後半になってからのことである.その後,イムノアッセイ,画像診断法,分子遺伝学の進歩がMENの病態の理解に有用であった. 1988年にMEN 1の原因遺伝子が第11染色体長腕に位置する癌抑制遺伝子であること, 1993年にはMEN 2AがRET伝子の変異による活性化で生じること, 1994年にはMEN 2Bも岡じRET遺伝子の別のドメインにおける変異で起こることが明らかにされた. 1997年にはMEN 1の原因遺伝子(MEN 1)が単離された.今日では,遺伝子検査による確定診断および保因者診断が,診療方針の決定に重要な役割を担うようになってきた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(4), 1179-1183, 2002-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008547669
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075658
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ