溶接作業従事者に発症した肺非定型抗酸菌症の2例 Two cases of nontuberculous mycobacterial lung infection associated with Welder's lung

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は37歳と52歳の男性.いづれも溶接作業従事者であったが,明らかな基礎疾患を認めなかった.胸部異常陰影および湿性咳嗽を主訴に来院した.喀痰検査にて,それぞれMycobacterium avium(M. avium), M. Kansasiiが検出され,肺非定型抗酸菌症の診断基準を満たし,治療にて2症例とも速やかに軽快した.塵肺(特に珪肺)には,結核を合併することがよく知られているが,非定型抗酸菌症の発症はほとんど経験されない.今後,溶接工肺における非定型抗酸菌症の発症に注意が必要と考えられた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(4), 1317-1319, 2002-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008547884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075949
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ