インターフェロンα投与後にパセドウ病を発症したC型慢性肝炎の1例 A case of chronic hepatitis C with Graves' disease onseted after the administration of interferon-alpha

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森田 茂樹 MORITA Shigeki
    • 日本赤十字社長崎原爆病院内科 Department of Internal Medicine, Japanese Red Cross-Nagasaki Atomic Bomb Hospital
    • 矢野 公士 YANO Koji
    • 日本赤十字社長崎原爆病院内科 Department of Internal Medicine, Japanese Red Cross-Nagasaki Atomic Bomb Hospital
    • 加藤 浩之 KATOU Hiroyuki
    • 日本赤十字社長崎原爆病院内科 Department of Internal Medicine, Japanese Red Cross-Nagasaki Atomic Bomb Hospital
    • 古河 隆二 FURUKAWA Ryuji
    • 日本赤十字社長崎原爆病院内科 Department of Internal Medicine, Japanese Red Cross-Nagasaki Atomic Bomb Hospital

抄録

IFN-α治療終了後に眼球突出を伴うバセドウ病を発症したC型慢性肝炎の1例を報告する. 症例は36歳, 男性. 1999年3月, 献血時検査でHCV抗体陽性を指摘されて本院を受診した. ASTは45IU/<i>l</i>, ALTは63IU/<i>l</i>であり, HCVのジェノタイプはIb型, HCV-RNA量は190kIU/m<i>l</i>であった. 肝生検では門脈域の軽度の線維性拡大とリンパ球浸潤がみられ, 慢性肝炎 (F1, A1) と診断した. 同年5月から10月末 (24週間) まで, 天然型IFN-α(600万単位/2週連日以後週3回) 投与を行ったところ, 2000年8月, それまでみられなかった眼球突出・流涙・動悸が出現した. 甲状腺ホルモンが高値であり, 甲状腺シンチでの取り込みが亢進していたため, バセドウ病と診断した. IFN誘発性の甲状腺機能亢進症の内, バセドウ病の場合はIFN加療終了後にも発症しやすいため, 注意深い経過観察が必要と思われた.

収録刊行物

  • 肝臓

    肝臓 43(4), 199-202, 2002-04-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008554790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ