タンパク質摂取量の適否判定の方法として1回排尿中の尿素/クレアチニン比の検討 Evaluation of Protein Intake from the Urea/Creatinine Ratio in a Single Urine Sample

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

秤量法によって計算した1日タンパク質摂取量の適否を, 全尿によらず1回排尿中の尿素/クレアチニン比 (U/C比と略す) で判定する方法を検討した。<BR>1) 1日の全尿を代理する1回排尿試料は, 午前9時以降の最初の尿 (午前1回排尿) のU/C比が全尿のそれと高い相関を示した。<BR>2) 午前1回排尿のU/C比は前日の標準体重当りおよび実体重当り1日タンパク質摂取量と高い有意の相関が認められた。<BR>3) 20歳までの午前1回排尿のU/C比は, 年齢, 身長, 体重の対数値と片対数の回帰直線となったので, 未成年者では年齢, 体格の近いグループごとに測定したU/C比の平均値から計算した許容限界 (<I>M</I>±2σ) を逸脱する場合は, タンパク質摂取量の過不足者である可能性が高い。ただし, 成人では年齢のグループ分けは不要である。<BR>これらの結果から, 午前1回排尿のU/C比測定によって, 個人の前日のタンパク質摂取量の過不足を判定する可能性が示唆された。

A method for evaluation of protein intake was devised, involving estimation of the urea/creatinine ratio (U/C ratio) in a single urine sample. The first morning urine sample (taken after 0900h) was found to represent all urine samples taken in a day. The U/C ratios of first urine samples were significantly correlated with protein intake per body weight on the previous day. The U/C ratios of first urine samples from minors were linearly correlated with the logarithmic values of age, height and weight, but the ratios for adults were not correlated with age. Then the U/C ratios of first urine samples from groups of similar ages were determined. Persons whose ratios were beyond the permissible range calculated from the mean value would be examined for excess or deficient protein intake.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(2), 147-151, 1995-04-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    ZLATNIK F. J.

    J. Reprod. 26, 119, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    YAMORI Y.

    Jpn. Circ. J. 46, 939, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    柴田進

    日常臨床化学超微量定量法 239, 1966

    被引用文献1件

  • <no title>

    小石秀夫

    生化学 28, 706, 1956

    被引用文献1件

  • <no title>

    CROSA S. J.

    Nutr. Rep. Int. (USA) 30, 919, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    DUGDALE A. E.

    Lancet May 16, 1062, 1964

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008561870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3619219
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ