Tumor domancy therapyとしてのDocetaxel少量毎週投与法 Low-Dose Weekly Docetaxel as a Tumor Dormancy Therapy in Advanced and/or Metastatic Breast Cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 原田 雄功 HARADA Yuko
    • 東北大学医学部大学院腫瘍外科学 Division of Surgical Oncology, Graduate School of Medicine Tohoku University
    • 大内 憲明 OHUCHI Noriaki
    • 東北大学医学部大学院腫瘍外科学 Division of Surgical Oncology, Graduate School of Medicine Tohoku University

抄録

われわれはDocetaxel (TXT) が腫瘍内pyrimidine nucleoside phosphorylase (PyNPase) 活性を上昇させることに着目し, 進行・再発乳癌症例に対しTXT少量毎週投与 (weekly TXT) にDoxifluridine (5'-DFUR) を併用した新しいプロトコールを施行し, 標準投与法と比較した。その結果, 標準投与法, weekly TXT, 5'-DFUR併用weeklyTXTの奏効率はそれぞれ28.6%, 47.1%, 56.4%であり, weekly TXTには重篤な有害事象は認められなかった。TXT投与によりNC以上が得られた14症例に対しweekly TXTを継続した結果, 4例にlong NCが得られた。progression free期間が長いPD症例に対してweekly TXT再投与した結果, 30%にNC以上の効果を得た。TXT投与症例におけるtime to progression (TTP) は平均30週であった。weekly TXTは副作用が軽微であり, 患者のQOLの面からも外来における維持療法として優れた治療法であると考えられた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌

    日本外科系連合学会誌 26(2), 197-202, 2001-04-30

    日本外科系連合学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008562068
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ