アルコールを投与されたラットおよびヒトのアルコール濃度に及ぼすケンポナシ (Hovenia dulcis Thunb.) 抽出物の影響 Effect of Extracts from Hovenia dulcis Thunb. on Alcohol Concentration in Rats and Men Administered Alcohol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Hdを各種溶媒で分画し, その分画物摂取後のアルコール代謝に及ぼす影響についてラットおよびヒトを用いてそれぞれ検討した。<BR>1) 各種溶媒により得られたHd分画物のうち, アルコール投与ラットの血中アルコールおよびアセトアルデヒド濃度を最も低下させた画分は2規定塩酸溶出画分であり, それぞれの低下率は40%, 37%であった。次に効果を示した画分はメタノール抽出物であり, それぞれ12%, 17%低下させた。<BR>2) ヒト試験において, 糖質, タンパク質等からなるHdのエタノール抽出物の摂取では, 飲酒後の唾液中アルコールおよびアセトアルデヒド濃度を低下させる傾向が見られ, 飲酒の2時間後においては, 被験者6名中4名の唾液中のアルコール濃度を有意に低下させた。<BR>3) エタノール抽出物はヒトの飲酒後の呼気アルコール濃度を有意に低下させ, 飲酒の1時間後においては, 被験者8名中5名で有意な濃度の低下を示した。<BR>以上の結果より, Hdには飲酒後の体内における血中アルコールやアセトアルデヒド濃度を低下させる効果があり, 飲酒による酔いの症状を軽減するとともに, 呼気中のアルコール濃度の消失を早めるものと思われる。

The effect of extracts from <I>Hovenia dulcis</I> Thunb. on alcohol (ethanol) concentration after administration of alcohol to rats and men were examined. When a fraction (Fr. G, 0.5g/kg b. w.) extracted from H. dulcis was administered orally to rats 5min before oral administration of alcohol (2g/kg b. w.), the percentage decreases in maximum blood alcohol and acetaldehyde levels were 40% and 37%, respectively, the decreases being larger than those induced by other fractions from H. dulcis. On the other hand, when ethanol extract (0.125g/kg b. w.) was administered orally to men 20min before oral administration of alcohol (0.3g/kg b. w.), decreases in alcohol and acetaldehyde concentrations in saliva were observed, and the expiratory alcohol concentration at 1h after drinking beer was significantly decreased in five men out of eight

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(3), 167-172, 1995-06-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

  • <no title>

    村越三千男

    薬用植物研究, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    刈米達夫

    和漢薬用植物 176, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAKAI M.

    Phytochemistry 12, 2985, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAKAI M.

    Chem. Pharm. Bull. 23, 2556, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAI K.

    Chem. Pharm. Bull. 35, 4597, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    永井元

    第45回日本栄養 食糧学会講演要旨集 168, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    永原太郎

    食品分析法, 1964

    被引用文献1件

  • <no title>

    THIEDEN H. I. D.

    Eur. J. Biochem. 30, 250, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    DAMGAARD S. E.

    Eur. J. Biochem. 33, 87, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    KOBAYASHI Y.

    J. Chem. Soc. Perkin I, 2795, 1982

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    INOUE O.

    J. Chem. Soc. Perkin I, 1289, 1978

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAI K.

    Experientia 33, 1454, 1977

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008562421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3619134
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ